本文へスキップ

何かおかしいと感じたら

目的と定義



●リストラストーカーの目的と定義について



リストラストーカー(集団ストーカー)の目的は、その名のとおり、第一に被害者(工作対象者)の解雇です。しかしながら、被害のいくつかのケースでは、被害者が加害企業を辞めた後も、いやがらせが、形を変えて、継続し(私の場合もそうでした)、被害者が退職後に平穏な日常をおくることを難しくさせられるといったことがあるようです。以上のことを、鑑みると、リストラストーカーの目的は、単に被害者を解雇することのみならず、潜在的な内部告発者に社会的排除をほどこす・被害者(工作対象者)が自身を精神病になったと信じ込むようになるように仕向ける・無職になった被害者の再就職を妨害し経済的に困窮させる・社内でのいやがらせを告訴されないよう影響下にあることをアピールする・会社が一度バツをつけた人間は労働市場に出まわれないようにする・雇う側と雇われる側の力の差を見せつける・組織人としての適性を欠くと判断された人物を、企業社会として、つまはじきにする・被害者(工作対象者)をキレさせ法を犯させて犯罪者にする、などの目的をもって行われていると考えられ、その定義は、職場での解雇工作を発端とする一連のいやがらせ行為の総称と言うことができそうです。
いずれにせよ、何かおかしいと感じた時から、被害が長期化・複雑化する前に、しかるべき所に助けを求めるのが重要であり、その相談先に、当センターを選んでいただければ、全力で支援することを御約束させていただきます。

バナースペース

リストラストーカー被害対策センター